Luxurious Time

今この瞬間だけ味わえる
精米歩合18%の生酒がもたらす極上の体験

今この瞬間だけ味わえる
精米歩合18%の生酒がもたらす極上の体験

2022.09.29

「今日は特別なお酒を用意してあるんだ、飲まないか?」

ビジネスからプライベートまで、
「大人の愉しみ」にとって、お酒は欠かすことができない存在だ。

料亭で仲間たちと楽しくお酒を交わしたり、自宅や旅先でゆっくりとした時間の中で嗜んだり、その味わいやおいしさに多くの人が魅了される。

そんな “特別なひととき” にふさわしい、「至極の日本酒」があることをご存知だろうか?

味わいは、雑味が一切なく、舌のうえで儚く消えていくようにフレッシュでピュア

香りはアロマティックで、洋梨・パイナップルを思わせるジューシーな甘みに、
清涼感のあるミントのニュアンスが爽やか。

究極に洗練された香味やフレッシュ感を一瞬に閉じ込めたその味は、まるで「天から降り注いだ一瞬の “雨”」と例えられるほどの “瑞々しさ” を兼ね備えている。

そんな魅惑の味わいが話題になっている。

それが日本酒市場を牽引する新進気鋭のブランド「SAKE HUNDRED」から発売された「天雨(てんう)という日本酒だ。

「SAKE HUNDRED」は、日本最大の日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」を運営する「株式会社Clear」のオリジナルブランド。

世界に賞賛される日本酒を数多く世に送り出してきた、最高峰の日本酒ブランドだ。

フラッグシップの『百光』は、発売わずか1年で、世界的なワインの品評会「IWC (2019)」の「SAKE部門」で、1500銘柄の中「ゴールドメダル」を受賞しただけでなく、

世界のトップソムリエや飲食メディアおよそ100名による審査で「プラチナ賞」受賞。

国外で最も歴史ある日本酒の品評会、「全米日本酒歓評会」に出品され、金賞受賞など数多くの実績を持っている日本酒ばかり。

常に最高品質の日本酒をリリースし、世界的にも注目される。

「天雨」は、「SAKE HUNDRED」初の “生酒(なまざけ)としてリリースされた。

一般的な日本酒は、長期間保存しても味の品質を落とさないよう「火入れ」という加熱処理を行い、日本酒に含まれる酵母の動きを止めている。

この「火入れ」を一切行わず、生の状態で出荷される日本酒のことを「生酒」というのだ。

搾ったままの状態で出荷されるため、日本酒の中に残った酵母が働き続け、酒質が変化していく。

そのため、今しか味わえない、新鮮で若々しい味わいが引き出される。

一般的な日本酒では到底感じるのことのできない、味わいの変化を楽しむことができるのだ。

今しか味わえない、「フレッシュさ」「瑞々しさ」は “生酒” ならでは魅力といえるだろう。

「生酒」は本来、酵母が生きているため非常にデリケートで、開封後は時間の経過とともに「香り」や「味わい」のバランスが崩れてしまう。

だが「天雨」の研ぎ澄まされたピュアな味わいには、雑味は見当たらない。

それゆえ、味の変化を楽しみながら、飲みきるまで “生酒” ならではの「フレッシュさ」「瑞々しさ」を味わうことができるのだ。

このような神々しいまでのフレッシュ感を実現しているのは、
原料として使用する「米へのこだわり」にある。

山形県初の大吟醸向け品種として開発された酒米「雪女神(ゆきめがみ)を使用している。

「雪女神」は、世界に誇れる日本酒を製造したいとの要望に応えるべく、開発された酒米。

この酒米を使うことによって、雑味が少なく繊細で、上質な味わいを実現しているのだ。

さらに、「生酒(なまざけ)」でありながら「精米歩合18%」という驚くべき品質を「天雨」は実現した。

「精米歩合」とは、日本酒の原料となる「米の磨き具合」のことを指す。

「米の削り具合」=「磨き具合」で、香りや味わいが大きく変わってくる。

高級日本酒に位置づけられる「純米吟醸」「純米大吟醸」の精米歩合は、

純米吟醸 :「60%」以下
純米大吟醸:「50%」以下

という磨き具合。

よく磨いた生酒でも「30%」程度の精米歩合が一般的だが、
なんと「天雨」はその上をいく「18%」という精米歩合を実現したのだ。

これらのこだわりが、「天雨」の繊細で儚い味わいを生み出している。

細部まで徹底的にこだわりぬいた「天雨」は、開封後も徐々に変化する味わいを楽しめるという稀有な特徴を持つ。

開封直後はシャープで清涼感のある味わいで、時間が経つごとに角が取れてまろやかになり、より甘やかな味わいが際立ってくる。

このような変化を楽しみながら、開封後およそ1週間程度で飲むことが推奨されている。

まずはよく冷やした5〜10℃で、アロマティックでエレガントな香りと、
フレッシュな酸味を味わう。

また酸味をさらに強調したい場合は、12〜15℃程度もおすすめだという。

その後、要冷蔵で保管しながら1週間じっくりと味わいの変化を楽しむことができる。

特別な祝い事や記念日に、自宅で叶えられる最高の贅沢としてはもちろん、
大切なひとへのギフトとしても人気を博している「天雨」

2021年の販売時に初回醸造分は、1ヶ月で完売するほど大きな人気を集めるなど、大きな反響があった。

さらに2022年には、世界最大規模のワイン品評会「International Wine Challenge 2022(英国)」でゴールドメダル、
アジア最大級の日本酒コンクール「Oriental Sake Awards 2022 (香港)」の部門チャンピオン酒に選出
されるなど、その実力は世界からも高く評価されている。

現在、『天雨』はマイナス5度の冷蔵倉庫で丁重に保管されており、その味わいは搾りたてのように瑞々しくピュア。

SAKE HUNDREDでは、この味わいを確実に届けられる期間のみ『天雨』を提供することを決めているため、2022年の販売期間は10月31日まで

しかも『天雨』の今後の醸造は未定となっているため、確実に買えるのは “今だけ” だ。

ぜひこの機会に至極の生酒「天雨」を手に入れてみてはいかがだろうか?

▼ご購入はこちら

詳しくはこちらをクリック。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
※飲酒時の車の運転、重機械の操縦は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。
※過剰な飲酒は健康問題を引き起こします。適度な飲酒をお楽しみください。

運営会社
プライバシーポリシー
特定商取引に関する法律に基づく表示