Luxurious Time

世界最高峰の品評会でも絶賛。

特別なひとときに、至高の1本を。
「幻の日本酒」に世界が注目する理由

世界最高峰の品評会でも絶賛。

特別なひとときに、至高の1本を。
「幻の日本酒」に世界が注目する理由

 

「今日は特別なお酒を用意してあるんだ、飲まないか?」

「今日はおいしいお酒を一緒に飲まないか?」

ビジネスからプライベートまで、「大人の愉しみ」に欠かせないお酒。

家族や親しい友人、パートナーと過ごすひと時にふさわしい、至高の「日本酒」があるのをご存知だろうか?

発売からわずか3日で完売。

その後の抽選販売では限定500本の販売に対し、2万件以上の応募が殺到した。

特別な工程で製造され、大量生産出来ないことから「幻の日本酒」とまで言われている。

実際にこの「幻の日本酒」を味わうことが出来るのは、国内の一流ホテルや、ミシュランで星を持つ限られたレストラン、上流顧客だけを招待する有名百貨店のクローズドイベントなど。

口当たりはシルクのように繊細でなめらか。

ユリの花のような穏やかで上品な香りが感じられ、
口に含むと白桃のような “瑞々しい甘み” “ふくよかな旨味” が舌の上で広がる。

その味わいは世界からも高い評価を受けている。

発売わずか1年にも関わらず、世界的なワインの品評会「IWC (2019)」の「SAKE部門」で、1500銘柄の中「ゴールドメダル」を受賞。

同年、世界のトップソムリエや飲食メディアおよそ100名による審査でも、「プラチナ賞」を受賞。

また、翌年には、国外で最も歴史ある日本酒の品評会、「全米日本酒歓評会」にも出品され、金賞を受賞。

英仏米と、世界における評価を確たるものにしてきた稀有な日本酒、それが『百光(びゃっこう)』だ。

輝かしい受賞歴に加えて、

日本で開催されたG20関連カンファレンスでも各国の要人たちにもふるまわれ称賛された。

とはいえ、まだまだワインやビールに比べ、世界的に知名度が低い「日本酒」。

それにも関わらず、なぜ世界から高い評価を得ることができているのだろうか。

日本で開催されたG20関連カンファレンスでも各国の要人たちにもふるまわれ称賛された。

『百光』のコンセプトは、

口にすれば思わず誰もが「美味しい」と感じる、上質な味わいだ。

それを実現するために、日本最高峰の「醸造技術」が使われている。

みなさんは「精米歩合(せいまいぶあい)という言葉をご存知だろうか?

日本酒の原料となるのは「米」だが、「米の削り具合」=「磨き具合」で、香りや味わいが大きく変わってくる。

『百光』のコンセプトは、
口にすれば思わず誰もが「美味しい」と感じる、上質な味わいだ。

その味わいを創り出すために「精米歩合(せいまいぶあい)にこだわりを持つ。

日本酒の原料となるのは「米」だが、「米の削り具合」=「磨き具合」で、香りや味わいが大きく変わってくる。

「純米吟醸」「純米大吟醸」といった名称を耳にしたことはあるだろう。

この名称は「精米歩合」によって変わっている。

純米吟醸  ・・・ 精米歩合「60%」以下
純米大吟醸 ・・・ 精米歩合「50%」以下

よく磨いた日本酒でも「20%~30%」程度が一般的であるが、
『百光』はその上をいく「18%」という精米歩合にも関わらず、
「味」と「香り」を最大に引きだしている。

その最大のポイントは、原料である山形県産の有機栽培米「出羽燦々(でわさんさん)という品種の米にある。

「純米吟醸」「純米大吟醸」といったよく聞く名称は、「精米歩合」による名付けだ。

一般的には米を磨くほど、 “香り高くきれいな味わい” になるとされているが、

磨き過ぎてしまうと、 “深みのない平坦な味わい” になってしまうこともある。

普通限界まで磨いても
「20%~30%」程度だが、『百光』はその上をいく「18%」という精米歩合。

それでも味と香りを最大に引きだせている理由は、原料である山形県産の有機栽培米「出羽燦々(でわさんさん)」という品種の米にある。

有機栽培で丁寧に育て上げた「出羽燦々」を100%使用する事で、豊かな甘味と旨味を持ちつつも、「精米歩合18%」の圧倒的な透明感をもつに至ったのだ。

『百光』は、この有機栽培米である「出羽燦々」を100%使用する事で、

豊かな甘味と旨味を持ちつつも、「精米歩合18%」の圧倒的な透明感を実現したのだ。

世界的なワインの品評会であるIWCの審査員は、その味わいをこう表現している。

「Rich and perfumed aroma with peach compote. Plum attach and clear sweetness. Medium-body. lifted after taste with clear fruitiness.」

(芳醇で、桃のコンポートを思わせる香り高い日本酒。
口に含むと、プラムを想起させる爽やかな甘みが感じられる。ミディアムボディ。
清澄としたフルーツの長く深い余韻が感じられる。)

世界的なワインの品評会であるIWCの審査員は、その味わいをこう表現している。

「芳醇で、桃のコンポートを思わせる香り高い日本酒。

口に含むと、プラムを想起させる爽やかな甘みが感じられる。ミディアムボディ。

清澄としたフルーツの長く深い余韻が感じられる。」

一流ソムリエからも「一切の雑味がない」と言わしめるほどのクリアな味わいでありながら、奥深く広がりのある味わい

『百光』をラインナップする「SAKE HUNDRED(サケハンドレッド)は、

日本最大の日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」を運営する「株式会社Clear」のオリジナルブランドだ。

同社代表の生駒(いこま)氏は、世界40ヶ国で展開するグローバルビジネス雑誌『Forbes JAPAN』にて “次世代の日本酒ビジネスのイノベーター” として取り上げられ、

国税庁の「日本酒のグローバルなブランド戦略に関する検討会」委員として日本酒のグローバル展開の相談役も務めるほど、各方面から “日本酒に精通した人物” として絶大な信頼を得ている。

『百光』をラインナップする「SAKE HUNDRED(サケハンドレッド)は、

日本最大の日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」を運営する「株式会社Clear」だ。

同社代表の生駒(いこま)氏は、あの『Forbes JAPAN』で取り上げられ、

さらには国税庁の日本酒のグローバル展開の相談役も務めるほど、 “日本酒に精通した人物” として名高い。

『百光』を創り上げるために、全国でも類をみない「純米大吟醸のみ」を造り続けている蔵元「楯の川酒造」と協力。

『百光』はメディア運営で培ってきた蔵元との信頼関係があったからこそ実現した「幻の一品」なのだ。

愛好者からは、次のようなコメントが届いている。

「飲んだ瞬間、言葉を失っていた。
お酒、という感覚が出てこない、不思議な感覚」

ー メーカー社長(50代)

「日本酒特有の癖の強い刺激が抑えられ、コクが増しており、
日本酒という枠を越えて、洗練されているお酒という印象を感じた。
知ったその日から、知人に紹介したくなるような一品。」

ー マーケティング部長(30代)

「今まで飲んできた日本酒の常識を覆された。
飲んだ後の余韻が心地良く、思わずため息が漏れてしまった。
1本10万円と言われても違和感がない。」

ー IT企業経営者(30代)

※自社アンケートより

ただ、この『百光』、実は現在完売中となっている…。

2020年の春の醸造分は発売1ヶ月を経ず完売し、同年8月の販売再開時には “わずか3日” で完売、さらに半年後の抽選販売時には当選本数500本に対して2万人以上の応募があったというのだから驚きだ。

そして今、SAKE HUNDREDでは、この『百光』のシリーズ商品として『百光 別誂(びゃっこう べつあつらえ)を販売している。

酒米を「酒米の王様」と名高い「山田錦」に変更し、ブレンドした酵母の比率をアレンジすることで、元の『百光』特有の圧倒的な透明感と上質さはそのままに、より “食中酒” としてのポテンシャルを高めた

商品は、現在は通常販売を行わず、【事前登録者】限定で販売するとのこと。

事前登録はWebから【名前とメールアドレスを登録】するだけで簡単にできるが、注文状況を見ながら登録者に購入案内をメールで随時お知らせするという。

購入チャンスを逃さないよう、早めに登録をおすすめしたい。

実際に購入するかどうかは案内があってから決めることができるため、今のうちに登録だけしておいて損はないだろう。

ぜひこの機会に、『百光 別誂』を購入できるチャンスを手に入れてみてはいかがだろうか?

【詳細はこちら】

今すぐ事前登録する。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
※飲酒時の車の運転、重機械の操縦は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。
※過剰な飲酒は健康問題を引き起こします。適度な飲酒をお楽しみください。

運営会社
プライバシーポリシー
特定商取引に関する法律に基づく表示