Luxurious Time

【大切な人への贈り物やギフトに】
特別なひとときに、至高の1本を。
人生を豊かにする一本、幻の日本酒『百光』シリーズ

【大切な人への贈り物やギフトに】
特別なひとときに、至高の1本を。
人生を豊かにする一本、幻の日本酒『百光』シリーズ

 

百光ギフトお中元訴求 トップ画像
百光ギフトお中元訴求 トップ画像

「こんなに美味しい日本酒は飲んだことがない。」

90歳を迎えた酒飲みの父が、プレゼントの日本酒を飲んでそう言った。

滅多に楽しめない特別感。高貴な香りと味わい。ひと目でわかる高級感。

特別な贈り物として喜ばれる、
至高の「日本酒」があるのをご存知だろうか?

百光お中元訴求 ギフトボックス画像
百光お中元訴求 ギフトボックス画像

口当たりはシルクのように繊細でなめらか。

ユリの花のような穏やかで上品な香りが感じられ、
口に含むと白桃のような “瑞々しい甘み” “ふくよかな旨味” が舌の上で広がる。

百光お中元訴求 ユリの花画像
百光お中元訴求 ユリの花画像

その味わいは世界からも高い評価を受けている。

発売わずか1年にも関わらず、世界的なワインの品評会「IWC (2019)」の「SAKE部門」で、1500銘柄の中「ゴールドメダル」を受賞。

同年、フランス最大の日本酒品評会「Kura Master」でも、「プラチナ賞」を受賞。

また、翌年には、国外で最も歴史ある日本酒の品評会、「全米日本酒歓評会」にも出品され、金賞を受賞。

その後も、国際的なコンクールで最高位の評価を獲得し、世界に確かな品質を誇る稀有な日本酒、それが『百光(びゃっこう)』だ。

百光お中元訴求 ひんやりしたク画像
百光お中元訴求 ひんやりした画像

日本で開催されたG20関連カンファレンスでも
各国の要人たちにもふるまわれ称賛された。

『百光』の味わいは、
上質で、誰もが“美味しい”と感じる味わい

この「誰もが「美味しい」と感じる味わい」を追求することこそ、
『百光』の生まれた所以。

そのために極限まで研ぎ澄まされた上質な味わいは、まさに“エレガント”の一言。

だからこそ、生まれて初めて日本酒を体験する、海外の要人にも好まれたのだ。

百光お中元訴求 お酒を楽しむ外国人
百光お中元訴求 お酒を楽しむ外国人

百光の味わいを生み出すのは「18%」という精米歩合

精米歩合は「“米を磨いて残った部分の割合」。

精米歩合18%の日本酒は、酒米を削って外側の82%を取り除き、
中心部分の18%を使って造ったお酒ということだ。

百光お中元訴求 酒米の写真
百光お中元訴求 酒米の写真

米の表面にはタンパク質や脂質といった酒の雑味につながる成分が多くあり、
それらを取り除くことが精米の目的。

米を磨くと雑味が減って香りがよい、いわゆる"きれいなお酒”になるが、
精米歩合が低ければ酒質がよくなるかと言われれば、そうとも限らない。

香りが立ちやすくなるが、米のうまみがなくなってしまうこともあるからだ。

百光お中元訴求 製造過程の写真
百光お中元訴求 製造過程の写真

そうした理由で、
きれいなお酒を目指す場合でも「20%~30%」程度に留めることが多いのだが、
『百光』はその上をいく「18%」という精米歩合。

それでも『百光』は、米由来の瑞々しい甘味と、
上質な旨味を損なうことなく引き出している。

その秘密は、原料や工程への細部までのこだわりと、高度な醸造技術にある。

百光お中元訴求 製造過程の写真2
百光お中元訴求 製造過程の写真2

原料の酒米は、有機栽培の「出羽燦々(でわさんさん)

米本来の旨味・甘味が出やすい品種であり、
有機栽培で生育することで、その個性がいっそう発揮されている。

有機栽培は雑草との戦い。

人の手によって、米の生育を妨げる雑草を、
大変な労力をかけてひとつひとつ抜いていくという。

百光お中元訴求 精米畑の写真
百光お中元訴求 精米畑の写真

18%という限界を超えた精米歩合を実現するため、
200時間以上もの時間をかけて繰り返し精米をし続ける。

そうした磨かれたお米は非常に繊細で、扱いが難しい。
原料処理にはまさに職人芸といえる特別なノウハウが求められる。

その醸造技術を有する数少ない酒蔵が、楯の川酒造(山形県酒田市)だ。

百光お中元訴求 楯の川酒造の写真
百光お中元訴求 楯の川酒造の写真

楯の川酒造は、全国でも類を見ない"全量純米大吟醸蔵"だ。

"全量純米大吟醸蔵"とは、
全てのお酒を精米歩合50%以下の純米酒で造る酒蔵ということ。

18%精米までの道のりは、決して簡単なものではない。

ひたすら磨いたお米の酒造りを続ける楯の川酒造の技術をもって、
ようやく実現されたのが18%という精米歩合の日本酒なのだ。

百光お中元訴求 全量純米大吟醸蔵
百光お中元訴求 全量純米大吟醸蔵

『百光』をラインナップする「SAKE HUNDRED(サケハンドレッド)」は、
日本最大の日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」を運営する「株式会社Clear」だ。

『百光』はメディア運営で培ってきた蔵元との信頼関係と両者の尽力があったからこそ
実現した「幻の一品」なのだ。

百光お中元訴求 お酒を冷やしている写真
百光お中元訴求 お酒を冷やしている写真

ただ、この『百光』、常に販売しているとは限らない…。

2020年の春の醸造分は発売1ヶ月を経ず完売し、
同年8月の販売再開時には “わずか3日” で完売

さらに半年後の抽選販売時には、
当選本数500本に対して2万人以上の応募があったというのだから驚きだ。

そして今、SAKE HUNDREDでは、
この『百光』のシリーズ商品として『百光 別誂(びゃっこう べつあつらえ)を販売している。

酒米を「酒米の王様」と名高い「山田錦」に変更し、
ブレンドした酵母の比率をアレンジすることで、

元の『百光』特有の圧倒的な透明感と上質さはそのままに、
より “食中酒” としてのポテンシャルを高めた

百光お中元訴求 百光別誂メイン画像
百光お中元訴求 百光別誂メイン画像

食中酒として、和洋を問わず様々な料理と相性が良いことが最大の特徴。

おうち時間を特別に過ごすお供として最適だ。

また『百光』という名には「100年先を光照らす」という意味がある。

まさに「大切な人の未来が輝き続けること」を願っての贈り物にふさわしい一本だ。

百光お中元訴求 百光別誂お花とテーブル
百光お中元訴求 百光別誂お花とテーブル

現在は通常販売を行わず、【事前登録者】限定で販売するとのこと。

事前登録はWebから【メールアドレスを登録】するだけ

購入チャンスを逃さないよう、早めに登録をおすすめしたい。

実際に購入するかどうかは案内があってから決めることができるため、
今のうちに登録だけしておいて損はないだろう。

ぜひこの機会に、『百光 別誂』を購入できるチャンスを手に入れてみてはいかがだろうか?


『百光別誂』事前登録フォーム

事前登録フォーム画像

ただいま、事前登録制でご案内中。
下記のフォームにメールアドレスを入力で登録完了です。

事前登録時点では購入完了となりません。
ご購入は案内後に決めることができます。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
※飲酒時の車の運転、重機械の操縦は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。
※過剰な飲酒は健康問題を引き起こします。適度な飲酒をお楽しみください。

運営会社
プライバシーポリシー
特定商取引に関する法律に基づく表示