Luxurious Time

「至福のひととき」を約束する最高峰の逸品

人生に刻まれる一本
母と飲んだ忘れられない日本酒。

「至福のひととき」を約束する最高峰の逸品

人生に刻まれる一本
母と飲んだ忘れられない日本酒。

 

「ああ、幸せ」

還暦祝いの日本酒を飲んだ母が、思わず、というように呟いた。

3年ぶりの帰郷。
長らく海外での仕事と生活があった。

残りの人生で故郷に帰る機会は数えるほどしかないだろう。
だからこそ、忘れられない思い出を作りたかった。

母と酌み交わしたい想いで選んだ日本酒。
口にしながら、目を細めて何度も小さく「幸せ」と呟く母を見て、
胸に大きな喜びが広がるのを感じた。

その日本酒は、SAKE HUNDRED『百光』

エレガントな香りと味わい。ひと目でわかる高級感。
忘れられないひとときをもたらす、非日常の日本酒。

「100年先まで光照らすように」という未来への願いが込められたこの酒は、
幻の日本酒」と呼ばれるほどに、その存在自体が特別なものとなっている。

思わず息を飲むような、極上の味わい

ユリの花のような上品な香りが感じられ、口当たりはシルクのように繊細でなめらか。
口に含むと白桃のような"瑞々しい甘み""ふくよかな旨味”が舌の上で広がる。

ほんの少しの雑味も感じられない、驚くほどの透明感
誰もが、思わず「美味しい」と息を飲むような極上の味わいだ。

その味わいは、世界からも非常に高い評価を受けている。

発売わずか1年にも関わらず、世界的なワインの品評会「IWC (2019)」の「SAKE部門」で、1500銘柄の中「ゴールドメダル」を受賞。

さらに同年、トップソムリエや飲食関係者らおよそ100名により審査されるフランスの品評会「Kura Master」でも、「プラチナ賞」を受賞。

さらに翌年には、国外で最も歴史ある日本酒の品評会「全米日本酒歓評会」にも出品され、金賞を受賞。

『百光』は「徹底して最高品質である」という自信のもと、世界でも厳格な審査が行われるコンクールだけに出品し、その味わいで世界を魅了して確たる評価を得ている。

トップレベルの醸造技術と貴重な原料

精米歩合(せいまいぶあい)」という言葉をご存知だろうか。

日本酒には「純米吟醸」や「純米大吟醸」などの区分があるが、
これを決める要素のひとつが、​​原料米を磨いて残った割合を示す「精米歩合」だ。

純米吟醸  ・・・ 精米歩合「60%」以下
純米大吟醸 ・・・ 精米歩合「50%」以下

一般的には米を磨くほど、“香り高くきれいな味わい”になるとされているが、
磨き過ぎてしまうと、“深みのない平坦な味わい”になってしまうこともある。

また、米は磨くほど割れやすくなり、製造においての扱いが難しくなるため、
よく磨いたと言われるお酒でも、精米歩合は「20%〜30%」ほどとなっている。

しかし、『百光』はその上をいく「18%」という精米歩合。
精米歩合が20%以下の日本酒は、市場でもほとんど見かけることがない。

精米歩合18%を実現できた理由は、醸造元である「楯の川酒造」にある。

楯の川酒造は、全国でも類を見ない「全量純米大吟醸蔵」として、
純米大吟醸に特化した醸造技術を徹底的に高めてきた。

精米歩合18%を実現するには、200時間以上も精米を続ける必要があり、精米後の全ての工程において通常よりも緻密な作業が求められる。

純米大吟醸を極めた確かな技術と経験があるからこそ、
『百光』は圧倒的な透明感と、瑞々しく豊かな味わいを併せ持つことができたのだ。

『百光』は原料の米にもこだわり抜いている。

有機栽培米の山形県産「出羽燦々(でわさんさん)」を使用。
農薬や化学肥料を使用せず手間暇をかけて育てる有機栽培米は、生産量が限られている。そのため『百光』も多くは造ることができないのだ。

口にする誰をも魅了する“幻の日本酒”

『百光』を販売する「SAKE HUNDRED(サケハンドレッド)」は、
最高品質のオリジナル日本酒だけを製造販売する、2018年に創立された注目の日本酒ブランドだ。

お酒の味わいはもちろん、世界観や体験設計まで、これまで日本酒にはなかった“ラグジュアリー”を感じさせるブランドとして脚光を浴び、ギフト・贈答品としても人気を博している。

『百光』という名前には、ブランドを象徴するフラッグシップとして、
100年先まで光照らすようにという想いが込められている。
特別な記念日や人生の節目など、ご家族・ご友人へ贈り物としてぴったりの日本酒だ。

『百光』は、誰もが美味しい」というコンセプトを体現する味わいだからこそ、
日本酒を初めて飲むようなビギナーから、ペアリングを楽しむエキスパートまでを魅了することができる。

ただ、この『百光』は製造量が限られ、 “幻の日本酒”と言われるほどに入手機会がすくない。

また需要に対して流通量が限られているため、2018年のリリース当時は「16,800円」だった価格が、2020年には「27,500円」、2022年には「38,500円」と“価格”の見直しが行われている。

そんな中、より多くの方の食卓で楽しんでもらうため、
"料理との相性”を高め、再構築したシリーズ商品『百光 別誂
がリリースされている。

辿り着いた、もう一つの百光 ― 百光 別誂 | BYAKKO BESPOKE

『百光 別誂』は、『百光』と同じコンセプトで、18%という精米歩合も変わらない。
しかし、酒米を“酒米の王様”とも呼ばれる「山田錦」に変更し、酵母の比率もアレンジすることで、
『百光』特有の圧倒的な透明感と上質さはそのままに、
新たな味わいのバランスを追求した
フラッグシップシリーズの1本だ。

この『百光 別誂』も当然、多数の受賞歴を誇る。

ミシュランガイド東京に11年連続で掲載される和食の名店「龍吟」のオーナーシェフ山本征治氏は、『百光 別誂』を次のように評価している。

『百光 別誂』は重心がしっかりとして腰の座った味わい。

ふくよかで奥行きがある。ボリュームもしっかりした感じで、包み込んでくれるお酒。

『百光』が上に縦に伸びるような味わいに対して、『百光 別誂』は横にじんわりと甘味と旨味が広がるような味わいで、その余韻は長く、甘味をしっかりと感じられる

(出典:料理王国)

日本料理 龍吟 代表オーナーシェフ 山本征治

『百光』と『百光 別誂』、ふたつの百光シリーズがSAKE HUNDREDのフラッグシップなのだ。

実際に百光シリーズのお酒を口にした人々からは、こんな声が届いている。

妻と『百光』を初めて飲んだ時、二人で今までに飲んだお酒で一番美味しいと顔を見合わせ、長生きしてもっと飲みたいと話した

お宮参りで会食の折、お祝いに親戚で飲んだ。一口目で、全員が目をまん丸にして顔を見合わせ喜んでくれた

自分用に購入したが、とても飲みやすく一般的な日本酒と味わいが全く違ったので、両親にもプレゼントした。あまりお酒を飲まない母も飲みやすいと喜んでおり、父も今までに味わったことのない味わいに感動していた

あなたなら、この特別な日本酒をどんな場面で飲むだろうか?

  • パートナーの誕生日ディナー、とっておきのサプライズに。
  • 多くのことを学んだ、人生の師の還暦祝いに。
  • 成人を迎えた息子と交わす、はじめての一杯に。

100年先まで光照らすように」という想いが込められた『百光』シリーズは、大切な記念日や人生の節目など、特別なシーンにこそ相応しい日本酒だ
ぜひあなたも、その感動を体験してみてほしい。

過去26万人超が申し込み。事前登録で『百光 別誂』の購入機会を。

『百光 別誂』は、販売価格は27,500円。

一般的な日本酒に比べると高額ではあるが、
この価格だからこそ、間違いのない、最高峰の日本酒体験を味わう価値があるだろう。

また『百光 別誂』は、2020年以降SAKE HUNDREDでもっとも売れている商品なので、
SAKE HUNDREDを“最初に味わう1本”としておすすめだ。

『百光 別誂』は、通常販売を行わず、【メールアドレスの登録者】のみに販売するとのこと。

購入チャンスを逃さないよう、早めの登録をおすすめしたい。
すでに過去、事前登録には26万人超もの方が登録している。

SAKE HUDREDのなかで最も多く飲まれている『百光 別誂』だけに、
その注目度は言うまでもないだろう。

あなたもこの機会に、
『百光 別誂』を購入できるチャンスを手に入れてみてはいかがだろうか?

【ご注文はお1人様3本まで】

今すぐ事前登録する。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
※飲酒時の車の運転、重機械の操縦は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。
※過剰な飲酒は健康問題を引き起こします。適度な飲酒をお楽しみください。

運営会社
プライバシーポリシー
特定商取引に関する法律に基づく表示