Luxurious Time

世界各国で絶賛される最高峰の逸品

高級ギフトの新定番。人生に刻まれる、特別な日本酒。

世界各国で絶賛される最高峰の逸品

高級ギフトの新定番。人生に刻まれる、特別な日本酒。

百光お中元訴求 ギフトボックス画像

まもなく迎えるホリデーシーズン。
家族やパートナー、お世話になった方へのギフトを探している人も多い時期だ。

バッグやジュエリー、高級菓子やワイン・ウイスキー…。
贈り物の選択肢は数多くあるが、定番のものばかりで、驚くような提案は難しいのではないだろうか。

そんな中で注目したいのが、「日本酒」だ。

ひと昔前のイメージは過去のもの。

モダンなデザインに、洗練された味わいの日本酒が多く登場している今、とりわけ注目されているのが“高級日本酒”だ。

エレガントな香りと味わい。ひと目でわかる高級感。忘れられないひとときをもたらす、非日常の逸品。

そんな特別な時間を彩る日本酒が、日本のみならず世界からも脚光を浴びている。

世界が認めた、最高峰の逸品

その筆頭が、SAKE HUNDRED『百光 | BYAKKO』。

誰もが美味しい】というコンセプトを掲げ、100年先まで光照らすように」という未来への願いが込められたこのお酒は、 幻の日本酒」と呼ばれるほどに、その存在自体が特別なものとなっている。

SAKE HUNDREDは、『心を満たし、人生を彩る』というパーパスを掲げ、最高品質のオリジナル日本酒だけを製造販売する、2018年に創立された気鋭の日本酒ブランド。

これまで日本酒の世界にはなかった“ラグジュアリー”を感じさせるブランドとして注目を集め、ギフト・贈答品としての新定番になりつつある。

百光』は、そんなSAKE HUNDREDのフラッグシップ1本(720ml)で約4万円という価格にも関わらず、多くのファンを魅了している。

ユリの花のような上品な香りが感じられ、口当たりはシルクのように繊細でなめらか口に含むと白桃のような 瑞々しい甘み と、ふくよかな旨味”が舌の上で広がる。

ほんの少しの雑味も感じられない、驚くほどの透明感。誰もが、思わず「美味しい」と息を飲むような極上の味わい。

その味わいは、世界からも非常に高い評価を受けている。

発売わずか1年にも関わらず、世界的なワインの品評会「IWC (2019)」の「SAKE部門」で、1500銘柄の中「ゴールドメダル」を受賞

同年、世界のトップソムリエや飲食メディア関係者およそ100名による審査が行われるフランスの品評会「Kura Master」でも、「プラチナ賞」を受賞

さらに翌年には、国外で最も歴史ある日本酒の品評会、「全米日本酒歓評会」にも出品され、「金賞」を受賞。

また今年、香港で初開催された日本酒コンクール「Oriental Sake Awards 2022 (OSA)」でも「金賞」を獲得。 OSAの審査員は、その味わいを下記のように評している。

「極めて洗練され、なめらかな口当たり、素晴らしくピュアで上質な味わいを持つ。すべての要素が絶妙に重なり合い、バランスに優れている」

Extremely refined and smooth with great purity and delicacy. Great balance, all elements are well integrated.
※ 英語は審査員コメント原文

『百光』は「徹底して最高品質である」という自信のもと、世界でも厳格な審査が行われるコンクールだけに出品し、その味わいで世界を魅了して確たる評価を得ているのだ。

圧倒的な透明感をもたらす“18%精米”

『百光』の味わいを創り出しているのが、国内屈指の醸造技術と、手間暇をかけて育てた貴重な原料米

米は磨くほど製造においての扱いが難しくなるため、多く磨いている日本酒でも、精米歩合は40%〜50%ほど。

しかし、『百光』はその上をいく「18%」という精米歩合。精米歩合が20%以下の日本酒は、市場でもほとんど見かけることがない。

18%精米の日本酒ができた理由は、醸造元である山形県「楯の川酒造」にある。

全国でも類を見ない「全量純米大吟醸蔵」として、「精米歩合50%以下の純米大吟醸酒」を造り上げる技術を徹底的に磨いてきた。

精米歩合18%を実行するには、200時間以上も精米を続ける必要があり、さらには精米後の全ての工程において緻密な作業が求められる。

「楯の川酒造」の技術と経験があるからこそ、『百光』は圧倒的な透明感と、瑞々しく豊かな味わいを併せ持つことができるのだ。

原料米には、有機栽培米山形県産「出羽燦々(でわさんさん)」を使用している。農薬や化学肥料を使用せず手間暇をかけて育てる有機栽培米は、生産量が限られているため、『百光』も多くは造ることができない。

口にする誰をも魅了する“幻の日本酒”

『百光』という名前には、ブランドを象徴するフラッグシップとして、「100年先まで光照らすように」という想いが込められている。

まさに特別な記念日や人生の節目などに、大切な方への贈り物にぴったりの日本酒だ。

『百光』は、「誰もが美味しい」というコンセプトを体現する味わいで、日本酒を初めて飲むようなビギナーから、ペアリングを楽しむエキスパートまでを魅了している

ミシュラン三ツ星レストラン「ジョエル・ロブション」元総料理長で、2016年にレストラン「ナベノ-イズム」を開業した、フレンチの巨匠・渡辺雄一郎シェフは、『百光』について次のように語っている。

「『百光』を初めて口にした時にあまりにも透明で清んだ味わいに、

料理の具体的なイメージが湧いてきませんでした。

一方でその中にしっかりとした旨味と甘み、また華やかさを感じさせる。

この唯一無二のキャラクターは料理とのペアリングを広げてくれる、

そんな可能性を感じました。」

(出典:料理王国)

 

実際に『百光』を飲んだ方から次のような声が届いている。

・ミシュラン三つ星の京料理店で飲んだ時、相乗効果的に食事と日本酒が味わえた。

・味わいや風味といい、今までに味わったことがないの一言でした。特別な時にまさにこの一本だなと思いました。

・「妻と『百光』を初めて飲んだ時、二人で今までに飲んだお酒で一番美味しいと顔を見合わせ、長生きしてもっと飲みたいと話した」

・飲むことがめっきり減った中、久しぶりに集まった友人達に振る舞ったところ、みんな「美味しい!」と言ってくれました。

『百光』の味わいは、飲む人の人生に刻まれるほどに、特別なものなのだ。

限定デザイン “LIMITED HOLIDAY EDITION”

SAKE HUNDREDでは、11月にホリデーシーズンに向けた特別商品を数量限定で発売予定という。クリスマスや年末年始などに、パートナーや家族、仕事仲間など、大切な人へのギフトにぴったりの商品だ。

現在のところ、オンラインストアでは通常販売を行わず、【メールアドレスの登録者】のみに販売するとのこと。

ブランドサイトから【メールアドレス】をご登録いただくだけで簡単に申し込みできるため、この機会を逃さないよう、早めの登録をおすすめしたい。

登録後には百光の魅力これまでのストーリーをメールを通じてお知らせするという。

興味があれば、今のうちに登録だけしておいて損はないだろう。

ぜひこの機会に、『百光』を購入するチャンスを手に入れてみてはいかがだろうか?

【今すぐ登録する >>】

メールアドレスを登録する。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
※飲酒時の車の運転、重機械の操縦は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。
※過剰な飲酒は健康問題を引き起こします。適度な飲酒をお楽しみください。

運営会社
プライバシーポリシー
特定商取引に関する法律に基づく表示